【favori】布つなぎのバッグ(2)フェミニンなレースコラージュ

005

favoriblog

レースを自由にコラージュしたフェミニンなバッグ

『favori』8月号の「布つなぎのバッグ」では、3名の作家さんによる珠玉の作品を集めました。

先日ご紹介した 和柄のラウンドショルダー に引き続き、
アンティークレース専門店のオーナーでもある、鈴木みきさんデザイン・製作の
レースコラージュのバッグを2つ、紹介しましょう。

さまざまな質感や大きさのレースを自由につないだバッグは、
favoriならではのワンランク上のデザインに仕上がりました。

 

バラ柄の生地とレースをランダムに重ねて。ローズガーデンのバッグ

最初のバッグは「ローズガーデンのバッグ」です。

フランスの蚤の市で見つけたバラ柄の生地を主役に、
レースモチーフやレーステープを周りにコラージュしました。

001

後ろ側には大きめのポケットがついています。

002

コラージュの詳細を見てみましょう。

布やレースは、サイズを大中小と用意し、メリハリをつけて配置していきます。
メインのバラ柄の布は、バラの花の形に合わせてカット。
それ以外は基本、四角形に揃えています。

_MG_0519_2_1

花柄どうし、レースどうしが隣り合わせにならないよう配置すると美しく仕上がります。
真ん中に大、隙間を小で埋めると迷いません。

_MG_0538

布を配置したら、ジグザグミシンで周囲を縫います。
重なっている部分は上側のパーツの端を縫いましょう。

_MG_0525

外ポケットにもコラージュをアクセントに。

_MG_0530

持ち手にはレーステープを縫いとめました。

_MG_0497

内ポケットも同じレーステープで揃えて。

_MG_0531

リネンの生地をキャンバスに、思いつくままにレースや布をランダムに重ねて。
静的な甘さだけではない、動きのある自由なレース使いが新鮮です。

 

様々な素材感の異なるレースを組み合わせた、レースコラージュのバッグ

二つ目は、編み糸の太さや幅の異なるレースを合わせて、
新たなデザインの大きな一枚のレースのように仕上げた作品です。

001

後ろ側の外ポケットは、細々としたものが収納しやすいように、3つに別れています。

005

チュールレース、トーションレースのドイリーや、チュールレース地など
数種類のレースを組み合わせました。

_MG_0564

メインで使いたい柄を中心に据え、隣には素材感の異なるレースを配置。

_MG_0575

縫い始める前に少し離れたところから眺めて
バランスを見ながら微調整しましょう。

_MG_0586

持ち手に使った革は牛革。色はブラウン系がおすすめです。
触ってみてやわらかいタイプを選んで。

_MG_0550

外ポケットと内ポケットにもレーステープをあしらいました。

_MG_0546

_MG_0542

デザインのみならず、色のトーンもわずかに異なるレースをコラージュすることで
さらに奥行きのある、洗練された新しいレース模様が生まれたようです。

 
どちらのバッグも、フェミニンなコーディネートにはもちろん、
デニムなどのカジュアルスタイルにも映えます。

自分だけのレースつなぎのバッグ、毎日の装いで大活躍すること間違いありません。

 
◎鈴木みき アンティークレース専門店「ファンシーワークス」オーナー。2012年洋服のブランド「Angelica leaf」を立ち上げ、洋服やファッション雑貨のデザインと製作を手がける。http://angeli
caleaf.ocnk.net

 
作り方は『favori』2015年8月号でご案内しています。
実物大の型紙も付属でついてきます。


favori [ファヴォリ]

日常の小さなときめきや、お気に入りを探す雑誌『favori』です。

kit_set201508

★詳細、ご購入はこちらから→ favori ファヴォリ website

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:
ページ上部へ戻る