【favori】季節の移り変わりをきららかに表現、ビーズ刺繡のブローチ

01

favoriblog

季節の移り変わりをきららかなビーズで表現

『favori』10月号の特集「秋のおしゃれにブローチをひとつ」では、3名の作家さんの個性豊かな作品が楽しめます。きららかなビーズ刺繡のブローチのデザイン・制作を手掛けたのは、中野裕香さん。作品制作や、作り方のコツなどについて聞きました。
 

——今回の作品は何かテーマがありますか?

晩夏から秋への、季節の移り変わる森をイメージして作りました。それぞれ常緑樹、紅葉、果実の実りを表現しています。

03
〈一年を通じて生き生きとした葉をつけている常緑樹〉

_C0C1609
〈黄金色に輝く紅葉〉

02
〈豊かな果実の実り〉

 
——作品作りの工程を教えていただけますか?

お気に入りのパーツやビーズを手元に集めて、その時の気分で即興で作っています。まずメインとなるパーツを決め、その周りに大きめのパーツを配置していきます。さらに間を埋めていくように小さいパーツを入れて完成させます。

 
——作る上でのアドバイスをお願いします。

糸の引き具合でビーズの数などが変わってきます。必ずこの数でと決めないで、臨機応変にご自分でアレンジしてくださいね。楽しい気持ちで作ると、素敵な作品になると思います!

 
——おすすめのコーディネートはありますか?

同系色のシンプルな洋服と合わせたり、シャーベットカラーの服に合わせても素敵だと思います。マニキュアやイヤリング、バッグなどの小物と色を合わせると、すっきり洗練された感じにまとまりますね。

洋服の生地が薄いときはブローチが下を向いてしまうので、下着と一緒に留めたり、後ろにフェルトなどを一枚かませるといいですよ。

07
〈シャーベットカラーの服に合わせて〉

 

まるで砂糖菓子のよう。清楚で愛らしい白い刺繡のアクセサリー

 
——こちらの白でまとめた作品も素敵ですね。

_MG_0457_3

作品は毎回テーマを決めて制作しています。このシリーズは砂糖菓子のイメージで。ウェディングにもぴったりだと思います。

 
——こちらのブローチのパーツも凝っていますね。

メインのガラスのお花は、シャンデリアのパーツを使用しています。花びらの間をシルバーの刺繍糸で、真ん中をシルバーのビーズで縫い留めました。

_MG_0450

こちらはヴィンテージの石をチュールでくるんだもの。パーツはアンティークやビンテージのものを普段からストックしています。

_MG_0448

裏はアンティークのブルーの布で。刺繍糸で周りをかがっています。裏を見たときもかわいいものを作りたいです。

_MG_0406

みなさんもお気に入りのパーツを見つけて、自由に作ってみてくださいね。身につけたときにワクワク楽しい気分になりますよ!

 

◎中野裕香 ビーズ刺繡作家。2009年にハンドメイドアクセサリーのブランド「Tin」を立ち上げる。「着けると楽しくなるアクセサリー」をコンセプトに作品を制作。ビーズ刺繡のテクニックを駆使し、毎シーズンテーマを決めてイベントや展示会で作品を発表。http://tin-handmade.info

2015年11月29日(土)〜12月5日(土)まで、GALLERY工+withにて「a present Jewelry」展を開催予定。秋冬に着けたくなるような、シックな装いに似合うビーズアクせサリーを出品します。


favori ファヴォリ

日常の小さなときめきや、お気に入りを探す雑誌『favori』です。

05

★詳細、ご購入はこちらから→ favori ファヴォリ  website

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:
ページ上部へ戻る