【favori】初めてのビーズクロッシェQ&A!かぎ針で編むビーズアクセサリーに挑戦

_C2A6198

favoriblog

初めてのビーズクロッシェQ&A

『favori』8月号では、「ビーズクロッシェのアクセサリー」を特集しています。

brace

ビーズクロッシェとは、ビーズをかぎ針で編み込んで作る技法です。

_C2A6344

初めての方にもわかりやすいように、
ビーズクロッシェ入門編のQ&Aをまとめてみました。

 

Q.1 ビーズクロッシェとはどんな編み方ですか?

ビーズをレース糸に通して、かぎ針で編んでいきます。

_C2A6352

とても簡単な編み方でペンダント、ブレスレット、ブローチなどいろいろなアイテムが作れます。

02

 

Q.2 かぎ針編みの経験がある人は、すぐにできますか?
かぎ針編みが初めての場合はどうでしょうか。

かぎ針編みができれば簡単にできるでしょう。

初めての方でも、基本的な「くさり編み」「こま編み」「引き抜き編み」を覚えれば
今回ご紹介している作品を作ることができます。

こちらのブレスレットは「くさり編み」と「引き抜き編み」のみでできるので、
初めて作る作品にぴったりです。
(かぎ針編みの基本は、favori 特別付録「かぎ針編み基礎BOOK」をご参照ください。)

_C2A6198

お揃いのネックレスはビーズの本数を増やして、ボリュームアップさせています。
ブレスレットとセットで挑戦してみてはいかがでしょうか。

_C2A6221

 

Q.3 材料や道具について教えてください。

ビーズとレース糸、レース用かぎ針があれば編み始めることができます。

_C2A6325

ビーズを糸に通すための「ビーズ通し針」があると作業性がアップします。

_C2A6265
かなり細いので、穴の小さい丸小ビーズも通しやすく、
一度にたくさんのビーズを通すことができます。

アクセサリーのパーツ処理のために、ペンチなども使用します。

_C2A6368

 

Q.4 編み方のコツはありますか?

主役であるビーズをきれいに見せることを意識しながら、
きつすぎず、ゆるすぎない加減で編むといいでしょう。

_C2A6348

きつく編みすぎてしまうと、編み地の中にビーズが隠れてしまいますし、
ゆるめに編みすぎても、ビーズがぐらついてしまいます。

コツとしては、ビーズをひと目に編みこむときに、
ビーズを指で押さえながら編むときれいに仕上がります。

 

Q.5 時間はかかりますか?

最初にすべてのビーズをレース糸に通すので
少し手間がかかりますが、
編み始めたら一気に仕上げることができます。

_C2A6310

 

Q.6 ビーズクロッシェならではの楽しみ方はありますか?

今回ご紹介するブレスレットのような作品は、
ビーズと糸の色の組み合わせを楽しむことができます。
色を変えるだけでぐっと雰囲気が変わります。

オフホワイトのビーズと糸を組み合わせたもの。

_C2A6198

水色のビーズと、ブルーの糸の組み合わせもさわやかです。

_C2A6378

 

Q.7 他にもビーズクロッシェならではの特長はありますか?

作品の形状にもよりますが、ビーズクロッシェはビーズの間に糸が入りますので、
仕上がりがソフトで、肌触りの優しい印象があります。

 
 
 
8月号の特集では、作家の堤祥子さんに大人の女性のためのアクセサリーを提案していただきました。
天然石やチェコビーズなどワンランク上の石を使用し、favoriならではの作品を紹介しています。

06

作り方のアドバイスなども堤さんに伺いました。
こちらの記事からどうぞ。

作り方の詳細は『favori』8月号でご覧になれます。
プロセス写真と一緒にわかりやすく解説しています。

 
◎堤祥子「Bijoux de Chiko」主宰。〝装いに合うアクセサリー〞をコンセプトに、シンプルでスタイリッシュなビーズクロッシェを提案。イベント出展や教室開催など、多方面で活躍。http://www.bijouxdechiko.com


favori [ファヴォリ]

日常の小さなときめきや、お気に入りを探す雑誌『favori』です。

kit_set201508

★詳細、ご購入はこちらから→ favori ファヴォリ website

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:
ページ上部へ戻る