【favori】直線縫いと手縫いでできます!実は難しくない日傘作り

03

favoriblog

『favori』2号目(8月号)のキットは「お気に入りの生地で作るオリジナル日傘」です。

01

03

一見ハードルの高そうな日傘作り。でも実は想像より難しくないのです。直線縫いと手縫いの作業がメインで、特別に高い技術は必要ありません。
おおまかなプロセスは以下の3つです。

    1. 6面分の生地をミシンで縫い合わせる
    2. 傘の先端の処理をする
    3. 傘骨に縫いとめて仕上げる

プロセスの概要を解説する前に、まずは材料を確認しましょう。

◎折りたたみ用傘骨…天然木のハンドルと石突き(先端のパーツ)がついています。

02

◎オリジナルプリント生地…ファブリカ・ウカのオリジナルデザインです。
◎ベルト…共布で作成済みですので、縫い付けるだけでOK。
◎接着芯

03

では、プロセスの概要をご紹介しましょう。
(写真では、わかりやすいように赤の糸を使用していますが、実際はグレイの糸で縫います。)

 

(1)6面分の生地をミシンで縫い合わせる

生地から三角形の布を6枚切り出します。

06

6枚を縫い合わせます。こちらが表から見た写真です。

_C2A6543

裏側です。

_C2A6541

 

(2)傘の先端の処理をする

まずは内側から。接着芯を貼った天紙を傘の先端につけ、骨の結合部を守ります。

21

次は外側から菊座をつけて、石突きを取り付けます。

_C2A6696

これでいよいよ最後の、傘骨に縫いとめる作業に入ります。

 

(3)傘骨に縫いとめて仕上げる

生地を傘骨の先端と、途中も3カ所ずつ縫いとめます。

_C0C3432

こちらで完成です!

01

おそろいの傘袋の作り方もご紹介しています。

_I9A4489

『favori』本誌では各プロセスを写真入りで丁寧に解説しています。6枚の布を縫い合わせるのは直線縫い、その他の作業は手縫いですので、難しい技術は必要ありません。最後に傘骨に縫いとめる作業は、みるみる立体に仕上がるのでワクワクしますよ!

お気に入りの生地に変えたり、縁のステッチを好きな色の糸にしたり、自分らしいテイストを加えても素敵です。これからの時季、毎日のように使うものだからこそ、自分だけの特別な日傘作りにぜひ挑戦してみてください。

 
◎fabrica uka〈ファブリカ・ウカ〉戸田亜由美 グラフィック、テキスタイル、WEBなど、幅広くデザインを手がける。暮らしのまわりの「もの」「こと」をモチーフにしたパターンの制作を行い、パターンをプリントしたリネン生地にステッチを施した繊細で存在感のある作品が人気。 http://fabricauka.jp

「お気に入り生地で作るオリジナル日傘キット」に関するブログ記事はこちら


favori ファヴォリ

日常の小さなときめきや、お気に入りを探す雑誌『favori』です。

kit_set201508

『favori』2号目のキットは【お気に入り生地で作るオリジナル日傘】

01

◎キットお届け内容:折りたたみ用傘骨…約30cm、ハンドル…直径2.8×長さ5cm/天然木、石突き…直径1.7×長さ1.8cm/天然木

02

〈以下は別便でお届けします〉傘用オリジナルプリント生地…約3m×50cm/綿ポリエステル混紡、ネーム布…約16cm/綿ポリエステル混紡、天紙用接着芯…約8cm角/不織布

03

◎用意するもの
ミシン、ミシン糸(普通地用60番/グレイ)、ペン型チャコ(消えるタイプ)、まち針、縫い針、定規、裁ちばさみ、ピンキングばさみ(なくても可)、糸切りばさみ、ループ返し、ひも通し、アイロン、アイロン台

*オリジナルプリント生地の扱い方の注意
この生地は、日傘用の生地です。防水、撥水などには対応しておりませんので、製作した傘は日傘としてご使用ください。長時間水につけておくと、変色することがあります。もし濡れてしまった場合は、すぐに水けをふき取って、よく乾かしてください。また、アイロンは中温のドライの設定で使用してください。

*サイズ色味等変更の場合もありますのでご了承ください。

★詳細、ご購入はこちらから→ favori ファヴォリ  website

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:
ページ上部へ戻る