【favori】ポイントはキルティング地の扱い方!キルティングバッグ、スタッフ制作レポート

01

favoriblog

ポイントはキルティング地の扱い方!スタッフ制作レポートをお届けします

『favori』10月号のキットは、ロッタ・ヤンスドッター™のキルティング地のバッグです。秋冬ファッションにぴったりの、ふわっとしたバッグを作りましょう。作り方で気をつけるのは、主にキルティング地の扱い方。webスタッフがトートバッグを制作し、注意点やコツをピックアップしてお伝えします。

まずはキットの素材を紹介しましょう。

ヴィンテージブルーとピンクの実が愛らしい、外布のキルティング地。
内布は、鮮やかなグリーンのストライプ柄です。

_MG_1242

持ち手はすでに縫製済みなのが嬉しいですね。

_MG_0856

キーストラップ用のリングと、ロッタ・ヤンスドッター™のタグです。

_MG_0913

 

キルティング地は縫う直前にカット、はさみはきちんと立てて

キルティング地は、布とキルト芯をミシンステッチで合わせているので、カットした端からほつれることがあります。カットは縫う直前にしましょう。

_MG_1217_1

はさみはきちんと立てて切ります。はさみを寝かせてしまうと、キルティング地に厚みがあるので、断面が斜めになって大きさがずれてしまいます。

_MG_1222_1

合印をきちんと入れてから縫いましょう。キルト芯が軽くて動きやすいので、合印をしっかり合わせながら、ずれないように縫っていきます。

_MG_9853

 

カーブを縫うときは、ゆっくり落ち着いて

バッグの底のカーブは落ち着いて、ゆっくり縫います。急いで縫うとキルティング地がすべって、まっすぐに縫ってしまうことがあります。縫い始める前に、合印の間に0.5cmの切り込みを入れると、カーブをきれいに合わせることができますよ。

_MG_9891

外袋が縫い上がったら、

_MG_9903

表に返します。

_MG_9902

キルティング地の表側に、持ち手を仮留めします。

_MG_0011

次は内袋を作ります。まずはポケットを縫いつけましょう。タグが入ると気持ちも盛りあがりますね。

_MG_9934

入れ口側の角を、三角形に縫っておくと補強になって安心。

_MG_9920_2

中表にして縫い合わせます。片側一カ所に返し口を残しておくのを、忘れずに!

_MG_9968

裏表合計で4つのポケットをつけました。

_MG_9951

フラップを作ります。

_MG_9950

内袋の表側に、フラップを仮留めします。

_MG_9958

 

外袋と内袋を袋縫いに。中表になっていることを確認!

外袋と内袋を袋縫いで縫い合わせます。ここでもう一度、内袋を裏側に返します。外袋は表のままでOKです。必ず、中表なっていることを確認しましょう。

_MG_0014

外袋を内側に入れます。

_MG_0018

ぴったりと収まるように重ねます。

_MG_0022

入れ口をぐるりと1周縫います。

_MG_0024

 

いよいよ袋縫いを表に返します。できあがった達成感は格別!

内袋に残しておいた返し口から、

_MG_0026

キルティング地の外袋を引きだします。

_MG_0030

完成形が見えてきて、ワクワク。

_MG_0033_1

すべて表に返したら、

_MG_0039

さきほどの返し口を手縫いでとじます。

_MG_0052

内袋とフラップを中に収めて、バッグの完成!達成感ひとしお!

03

キーストラップを作って、持ち手にくくりつけます。

_MG_0071_1

 
できたてほやほやのバッグを持ってお散歩へ。ふわふわの仕上がりに大満足。

_MG_0168

フラップがあると安心。

_MG_0175

鍵も迷子になりません。パスケースをつけても。

_MG_0172

 
ショルダーバッグを選んで作ることもできます。こちらも体に気持ち良く沿う、ふわふわの仕上がり。

_MG_0097

両手が空くのでアクティブに動けますよ!

_MG_0147

 

【作り方のポイント】


◎キルティング地は縫う直前にカット。はさみはきちんと立てる。

◎生地がずれないように、合印をきちんと合わせながら縫う。

◎カーブは縫うときはゆっくりと。

◎外袋と内袋を縫い合わせるときは、中表になっていることを確認する。

 
 
《ショルダーバッグの場合》
ショルダーバッグに関しても同様の注意点ですが、下記の内容も合わせて気をつけましょう。


◎キルティング地の柄の向きに気をつける。裏側から見た場合も、柄の上下が正しいか確認して作業をする。

◎特に外布と内布を縫い合わせるときは、外布、内布のそれぞれの向きに注意して縫い合わせる。

 

【スタッフの感想】

すべて袋縫いで仕上げるので、始末がスマートだと思いました。縫い目が表に出てないから、糸がほつれてこないのが安心です。

本体も、ポケットもすべて生地が二重になっているので、裏地のでているところが一カ所もなくて、とてもきれい。空気をたっぷり含んでふわふわにできあがって嬉しいです。

最後に袋縫いを表に返すときは、快感でした。持ち手やフラップが次々出てきて、マジックのよう(笑)。くれぐれも中表になっていることを確認してから縫うことをお忘れなく!みなさんもぜひ、この達成感を味わってくださいね。

 
 
『favori』本誌では各プロセスを写真入りで丁寧に解説しております。

02

お困りのときは「キット作り方サポートセンター」へご遠慮なくお電話ください。本誌巻末にご案内が記載されています。


favori ファヴォリ

日常の小さなときめきや、お気に入りを探す雑誌『favori』です。

05

『favori』10月号のキットは、ロッタ・ヤンスドッター™のキルティング地のバッグ

トートバッグとショルダーバッグ、どちらかを選んで作れます。

04 06

◎でき上がりサイズ
トートバッグ/幅34㎝×高さ27㎝(持ち手までの高さは約50㎝)×マチ10㎝、キーストラップ/幅1㎝×45㎝(キーリングを含まず)
ショルダーバッグ/幅28㎝×高さ22㎝(持ち手までの高さは約72㎝)×マチ4㎝、キーストラップ/幅1㎝×45㎝(キーリングを含まず)

◎キットお届け内容:キルティング生地…約69㎝×60㎝、内生地…約71㎝×94㎝、持ち手…約3㎝×115㎝、キーリング…約外径2.5㎝、タグ…約3.8㎝×4.4㎝

07

◎用意するもの
ミシン、ミシン糸(普通地用60番/紺、生成り)、ペン型チャコ、定規、裁ちばさみ、糸切りばさみ、まち針、縫い針、アイロン、アイロン台

*サイズ色味等変更の場合もありますのでご了承ください。

★詳細、ご購入はこちらから→ favori ファヴォリ  website

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:
ページ上部へ戻る