【favori】ゴブラン織りの華やぎ長財布、スタッフ制作レポート

002

favoriblog

『favori』2月号のキットはゴブラン織りの長財布です。椅子の張り地やクッションなどインテリア周りに用いられることも多い、クラシカルで優美なゴブラン織り。きららかなビーズやスパングルを刺繡して、華やかな長財布に仕上げましょう。webスタッフが実際に制作したレポートをお届けします。

001

◎まずは材料から紹介します。

シックな花模様が美しいゴブラン織りの生地。

_MG_4993_1

 
ビビッドなピンクのグログランを差し色に使います。
内側には透明感のあるミントグリーンのブロード地を。

_MG_4996

 
ビーズは丸小ビーズ、竹ビーズ、スパングルなど、13種類。

_MG_5003

 
アンティークゴールドの文鎮口金は小さなネジで固定します。
グログランのピンク色と揃えたファスナー。丸い形の引手は持ちやすさと、かわいらしさ両方を兼ね備えています。

_MG_5529_1

 
芯地は3種類。
薄手のものはゴブラン織りの裏に、厚手のものは内布に貼ります。
プラスチックの芯地は、ゴブラン織りと内布の間に通すことで、財布のフォルムをしっかりと形作ります。

_MG_4985_1

 
制作のプロセスをおおまかに3つ分けてみました。順番に追っていきましょう。

【1】ビーズを刺繡する
【2】カードポケットを縫う
【3】財布の形に組み立てる

 

【1】ビーズを刺繡する — 毎日少しずつ刺していくのが楽しい

13色もあるビーズ。テーブルに広げるだけでワクワクします。
同系色でも微妙にトーンや濃さが違ったり、マットや透明なものなど質感も異なります。

_MG_5488_1

 
丸小ビーズは点、竹ビーズは線、スパングルは面と形のバリエーションも楽しい。
毎日家事の合間などに少しずつ刺していきました。

_MG_5557

 
裏には芯地を貼ったので、生地がしっかりして刺繡しやすい。

_MG_5566

 
濃い色のビーズは花模様の色の濃い部分に、明るい色のビーズは生地の明るいところを強調するように刺すと
絵がキラキラと浮かび上がってくるようです。
刺繡が完成したときの達成感と感激はひとしお。早く持ち歩きたい!

_MG_5575_2

 

【2】カードポケットを縫う — 必ずカードを入れてサイズの確認を!

財布作りはカードポケットを縫うところから始めましょう。ミシンは直線縫いのみの作業になります。

ミントグリーンのブロード地にチャコで線を引き、

_MG_5500

 
それぞれのピースを山折りにし、ミシンで縫います。

_MG_5523

_MG_5589

 
ポケットの形になってきました。

_MG_5600

 
内布のピンクのグログランと、マチ布も縫いつけます。

_MG_5613_1

 
この時点で、実際にカードをポケットに入れて、きちんと収まるか確認します。
微妙にゆるいとカードが出てしまったりするので、ここは慎重に。

_MG_5621

今回は若干ゆるいところがあったので、押さえミシンをほどいて調整し、ぴったりに縫い直しました。

 

【3】財布の形に組み立てる — ここからはクラフト作業を楽しんで

内布の裏側に厚手芯地を貼ります。
縫い代の角に切り込みを入れて、スティック状の強力のりで縫い代を貼り付けます。
ブロード地は薄いので、液体のボンドだと布がよれてしまうため、ここでは瞬間的に接着できる強力なスティックのりを使います。

_MG_5640

 
外袋に内布を入れて、今回は液体のボンドでしっかりと貼り合わせます。ボンドが乾くまでしばらく置いておきます。のりの種類も用途と場所によって使い分けます。

_MG_5654

 
コイン入れを縫いつけます。いよいよ財布の形に近づいて来ました!

_MG_5669_1

 
プラ芯を外布と内布の間に差し込み、

_MG_5676

 
反対側の口側まで通したら、ボンドで外布とプラ芯を貼り合わせます。

_MG_5680

 
文鎮口金の溝に接着剤をまんべんなく広げます。

_MG_5682

 
本体を口金に差し込み、ネジで締めます。

_MG_5688

 
こちらで完成です!

_MG_5697

ミントグリーンとビビッドピンクの組み合わせが絶妙です。財布を開くたびに気持ちも華やぎますね。

_MG_5703

 

【スタッフ感想】

◎たくさんの色と形のビーズを刺繡するのは絵を描くようで楽しかったです。毎日少しずつキラキラと輝きが増していくのでワクワクしました。

◎ポケットにちゃんとカードが収まるか、途中での確認は必要ですね。一応すべてのポケットにカードを入れてみました。ぴったりのサイズに調整し直したので、安心です。カード入れがたくさんあるのはやっぱり便利でいいですね。

◎刺繡と、ミシン作業が終わったら、後半はのりを使ったクラフト作業がメインでした。のりだと、微妙な位置合わせもぴったりできるので良かったです。

◎ビーズを刺したゴブラン織りに、ピンクのグログラン地を合わせたら、さらにビーズの輝きが増して驚きました。鮮やかなピンクがビーズの光を引きだすのですね。色合わせの絶大な効果に感心しました。

◎文鎮口金はネジでしっかりと固定してあるので安心。シックなアンティークゴールドが気に入っています。ぱちっと留める感じも小気味いいです。

◎お財布に使うのもいいですが、スマホも入るので、パーティバッグにもとてもいいのではないかと思います。マチがあるので、思ったよりも収納力もありますね。まずは新年会に持っていこうかなと思っています。


favori [ファヴォリ]

日常の小さなときめきや、お気に入りを探す雑誌『favori』です。

concept_image

◎キットお届け内容

_B8A7235

_B8A7244

ゴブラン生地 …幅47×長さ30cm/グログラン生地(ピンク)…幅35×長さ36cm/綿ブロード(ミントグリーン)…幅30×長さ130cm/文鎮口金(アンティークゴールド)…幅19cm/ファスナー(ピンク)…13cm/芯地(薄手)…30×40cm/芯地(厚手)…24×31cm/プラ芯地…17×24cm/ビーズ…1式(13種類)

◎出来上がりサイズ
長財布:幅約20.5cm×縦11cm×厚さ4cm
ポシェット:幅20cm×長さ18cm×マチ4.5cm

 
★詳細、ご購入はこちらから→ favori ファヴォリ website

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:
ページ上部へ戻る