【favori】ゴブラン織りの長財布キット 大西淳子さんに聞く制作秘話

01

favoriblog

『favori』2月号のキットはゴブラン織りで作るクラシカルで華やかな長財布です。デザイン・監修を手掛けた大西淳子さんにキットに込めた思いや、作り方のポイントについてインタビューしました。
 

一目見て、とにかくかわいい!欲しい!と思うものを作りたい

 
——ゴブラン織りを使ってお財布を、という企画を聞いたときはどう思われましたか?

ゴブラン織りは好きで良く使っていて、ビーズ刺繡も得意なので、よし!すごく素敵なものにしようと思いました。新年の企画だし、みなさんに「うわあ!何これ?信じられない!」と思っていただけるものを作りたいと思って。だってびっくりしますよね。なんでお財布にこんなビーズがついているのか(笑)。

——確かにあまり見かけないですよね。

一目見て、とにかくかわいい、とにかく欲しい、そこにはもう理由はないと思うのものを作りたい。「なんでお財布にビーズが?」って、そういう冷静なことを考える隙もない、理屈を乗り越えたものを作りたいと思いました。

——このゴブランの生地はどうやって決めたんですか?

いくつか候補をいただいて、これがサイズ的にもモチーフがちょうど入るのと、多色使いだったのでいいものができるんじゃないかと思って選びました。
私も自分でキットを販売しているのですが、その中でも財布はヒット商品なんです。何回も作って、毎回売り切れているので。favori読者の方も作ってみたい方がいらっしゃるんじゃないかと思いました。ゴブラン織りのバッグは何回か作ったのですが、やっぱりすごい人気なんです。手芸をなさる方はクラッシックな雰囲気のものが好きな方が多いですよね。すごい贅沢な企画だと思います。

_MG_4990

——ビーズはどうやって選んだんですか?

大きく分けてビーズとスパングルの2種類を使っています。ビーズの形は長めの2分竹ビーズ、短い1分竹、あとは丸小ビーズの3つ。スパングルは丸い平面の形ですね。ビーズ刺繡をするときは、なるべくモチーフを立体的に見せたいというのがあります。丸小ビーズだけで埋めていくと、立体感を出すのはちょっと難しいんです。形の違うものを組み合わせることによって、慣れない方でも立体感を出せると思います。

MG_4993

——ビーズを刺す場所はどのように決めたのですか?

葉っぱの葉脈を縦型の2分竹ビーズで表現し、お花はちょっと濃くなっているところにビーズ持ってくることで、より立体感を盛り上げました。逆に広い面の所はスパングルをつけて、花に光が当たって輝いている様子をイメージしました。ビーズの点とスパングルの面、両方で表現していくことによって、全体に立体感が生まれます。

_MG_5483_2

 

品のある、かっちりした形。クラッチバッグ風に使うこともできる

 
——お財布の形もオリジナルですか?

はい、今回のキットのためにオリジナルの型紙を起こしました。アクセサリー感覚で持てる、クラッチバッグ風の見せるお財布にしています。形も少し台形にして、バッグに近づけています。中にしっかりしたプラスチックの芯が入っていますので、きれいな形を保てる、かっちりした仕上がりです。

——なんか特別の日に使いたい感じです。

それこそパーティや結婚式、チケットを入れて観劇とかにもいいですね。わりとマチが広いので、ハンカチやスマホも入りますよ。

——いろんな色が入っているから、どんな色の服にも合そうですね。

そう、お着物にもいいですね。あまりお財布感がない、一見パーティバッグにも見えるので、お財布の機能もあるバッグとして使っていただけると。

_MG_2349

 

春らしい華やかな色合わせは、自分もうれしいし、人目も引く

 
——このマチのピンク色が効いていますよね。

春ということもあり、思い切って鮮やかなピンクにしてみました。ピンクを持つとやはり気持ちが上がりますよね。ピンクとオレンジ色、どちらを合わせようか迷ったのですが、ビーズ刺繡が映えるのはピンクだったんです。

——オレンジ色とはまた違う感じでした?

オレンジを当てると生地の中にある黄色が前面に出てきて、落ち着いた感じになってしまって。でもピンクを当てると少し青味がかった水色とかが出てきて、ぱあっと明るくなって、すごく春らしかったんです。

——多彩な色を扱っている大西さんだから、わかる感覚なんでしょうね。

不思議なんですよね。バッグだとちょっとためらうような鮮やかな色かもしれませんが、小物なのでちょっとした遊びというか、華やぎのある色を楽しんでもいいんじゃないかと思って決めました。

——グログランなのがまたかわいい。

グログランだから明るい色でも品が悪くならない。織りの感じが上品さをプラスしてくれるんです。

MG_3135_2_1

——中のミントグリーンとピンクの組み合わせもはっとしますね。

バッグもそうですけど、中の色は開けたときの自分の密かな楽しみというか。開ける度に「ああ、がんばって作って良かったな」って自分が思える、そんな華やかな感じにしたかったんです。

——お財布は毎日使うものですし、結構人目にも触れますしね。

一番声を掛けられるのがお財布なんですよ。お店でお支払いをする時に、財布をじーっと凝視されることが多い(笑)。「お財布かわいいですね」と言われて、「実は作ったんです」と言うと「えー!お財布って作れるんですか??」って大体言われます。バッグの中はあまり人に見せることはないけど、お財布は人前で開けるので、中まで見えることが多いですよね。中がかわいいと自分も開けるたびにうれしいし、ほめられることも多いですね。

_MG_2340_2

——小銭ポケットのファスナー、丸い引き手がかわいいですね。

この丸い重りがあると、引き手がファスナーにはさまることがないんです。重みがあるから必ず落ちる。見た目もコロンとしていてかわいいですよね。小銭ポケットは小銭が取りやすいようにあえて浅めにしてあります。深いと中が見づらいので。

 

ポシェットにして、ゴブラン織りと刺繡を全面に楽しんでも

 
——ポシェットの型紙もついていますよね。どちらにするか迷います。

チェーンはご自分で用意していただくのですが、刺繡面をそのまま一面に使って全体が見えるという点では、こちらの方がお好みの方もいるかもしれませんね。お財布は中のカード入れを縫うのがちょっとハードルが高い…という方はこちらがいいかも。マチも結構あるので、お財布とケータイとハンカチを入れて、意外と便利ですよ。

_MG_2357

——洋服がシンプルでもバッグが引き立ててくれますね。

しかも自分で作ったなんて驚きですよね。部屋に掛けておくだけでもきれいですよ。

——本当に。しまうのがもったいない!

MG_3135_2_1

 

型紙のテーマは、できるだけ縫うところを減らし、すっきり仕上げるか

 
——作る時のコツはありますか?

お財布のポケットですが、最初どうなってるのと思われるかもしれないけど、きっちりと折りたたんでいけば最終的にこの形になります。カードがぴったり収まるように、途中で実際に入れてみて確認すると安心ですよ。

_MG_5621

あとは、はみ出た縫い代を切ることで、すっきりきれいに仕上げることができます。財布のような小さいものは、縫い代が重なるとその厚みで誤差が出やすいので、きれいに整えると最終的な出来上がりが違ってきます。

——結構のりを使いますよね。

そうなんです。切り込みを入れて縫い代を倒して、のりで貼っています。のりを使うことによってあまり縫わなくていい。今回の型紙のテーマは、「できるだけ縫うところを減らし、すっきり仕上げる」ということだったんです。小さくて立体的な形のものは縫いづらいので、なるべく工程を省きたいと思いました。後半は工作感覚で楽しんでいただけると思います。

_B8A7103

 
——最後に読者の方にメッセージをいただけますか?

ビーズ刺繡は初めての方でも、みなさんやり出すと楽しくて止まらないとおっしゃいます。なかなかこれだけの色をご自分で揃えるのは難しいですよね。いろいろな色と形のビーズを楽しんで付けられるというのは、このキットの大きな魅力。なのでまずはビーズ刺繡を楽しんでいただければ。

_MG_5477

何より形になったときの感動を味わって欲しいです。絶対人に見せたくなります。声を掛けられることも多いですよ、きっと(笑)。

_MG_2316

〈キットの詳細はこちらでご案内しています〉

 
◎大西淳子 手芸作家。1997年から「ニードルワークマーブル」としてハンドメイド製品の企画・製作を開始。年に2回の新作発表の作品展を軸に、手芸雑誌への作品提案や講習会などを手がけている。http://www.needleworkmarble.jp

★ ストーリーのあるバッグ作り 大西淳子さんの世界〈前編〉
★ 素材の良さを最大限に引きだす細やかな手仕事 大西淳子さんの世界〈後編〉


favori [ファヴォリ]

日常の小さなときめきや、お気に入りを探す雑誌『favori』です。

concept_image

◎キットお届け内容

_B8A7235

_B8A7244

ゴブラン生地 …幅47×長さ30cm/グログラン生地(ピンク)…幅35×長さ36cm/綿ブロード(ミントグリーン)…幅30×長さ130cm/文鎮口金(アンティークゴールド)…幅19cm/ファスナー(ピンク)…13cm/芯地(薄手)…30×40cm/芯地(厚手)…24×31cm/プラ芯地…17×24cm/ビーズ…1式(13種類)

◎出来上がりサイズ
長財布:幅約20.5cm×縦11cm×厚さ4cm

★詳細、ご購入はこちらから→ favori ファヴォリ website

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:
ページ上部へ戻る