【favori】大人のひねりのあるバッグや布小物がたくさん!LLO限定ショップ

_MG_9643_2

favoriblog

イースト東京で開催されたモノ作りイベント「モノマチ」。LLO(ロー)の限定ショップに行ってきました。
『favori』10月号のキット「ロッタ・ヤンスドッターさんのキルティング地のトートバッグ」は、
LLOのデザイナー、竹川ゆり子さんと企画制作を進めています。

_MG_9588

LLO(ロー)というブランド名は「a Little Less Ordinary 」の頭文字から来ています。
「ちょっと変わっているね、でもそこに愛着を感じる」という意味で、
シンプルな中に、少しひねりのあるものを、という竹川さんの思いが込められています。

 

折り紙のように折ったり、たたんだり。まるで、図形遊びをしているようなバッグ

こちらは定番商品の「ヒッコリー2wayショルダー」。
ピッチの違うヒッコリーストライプの布をはぎあわせています。
ネイビーと白のコントラスト、ストライプの大胆な組み合わせが、スタイリッシュです。

_MG_9552

ストラップにとりつけたナスカンの取り付け位置を変えることで、ショルダーバッグの形をフタなしに、

_MG_9571_1

あるいは、フタありに変えることも可能です。

_MG_9572_1

布の継ぎ目が対角線上に斜めに走っているのも、視覚的に新鮮なデザインです。

いったい、どうやって縫っているのでしょう。
竹川さんに尋ねたところ、目の前にあったメモ用紙を布に見立てて、パタパタ折って、説明してくれました。

折り紙のように折ったり、たたんだり。縫い合わせてからも、また折り込んだり。
まるで、図形遊びをしているよう。
すばやく動く手元をみていると、一見複雑そうですが、原理を聞くととてもシンプルな構造。
「結構数学的な部分もあるんですよ」と竹川さん。

 

大人のひねりのあるバッグは、実際にひねられていた!

こちらは「へリックス8トート」。
ざっくりした織りの8号帆布を使用しており、鮮やかで深みのある発色が特徴です。

やはりバッグの側面に斜めのラインが走っていますね。

_MG_9599

中の生地ははっとするような、愛らしいピンク。
4枚の布をバッグの底でかざぐるまのようにあわせ、
「らせん」(helix、へリックス)状にねじりながら立体に縫い上げています。

_MG_9602

底の形は対角線に縫い目が走る正方形となり、側面に斜めに縫い目が走る形になります。
大人のひとひねりあるバッグは、実際にひねられていたんですね!(笑)

バッグの上を折り込んで、持ち手を短くして小ぶりのバッグとして使用することも可能です。

_MG_9608

バッグインバッグとして使えるポーチがついており、
バッグの口は革をあしらったスナップで留めることができます。

_MG_9600

底が正方形なので、たっぷり収納することができ、安定感も抜群です。

 

モノマチスペシャル!一点ものの布雑貨も大人気

以下は今回のイベントのために竹川さんが用意したスペシャルアイテムです。

はぎれを使ったポーチ、ちらりとのぞく裏地がいいアクセントになっています。

_MG_9587_2

バッグと同じヒッコリーストライプを合わせたエプロン。
男性にも女性にも人気の商品です。

_MG_9642_1

芯地などに使う寒冷紗(かんれいしゃ)に、カラフルなチュールを重ねたコサージュ。
透明感のある、繊細なグラデーションが素敵。

_MG_9557_1

涼しげでこれからの季節にぴったりですね。

_MG_9614_1

こちらは、ICカード用ケース。
バッグの持ち手にくくりつけ、引きだしてそのままピッと改札を通過できます。

_MG_9559_1

他にも定番商品がいろいろ並び、お客様でにぎわっていました。

_MG_9643_2

 

ベーシックと、大人のほどよいひねり、その絶妙なバランスが魅力

ハイブランドで10年近く、バッグやファッション雑貨の企画デザインを経験された竹川さん。
常に「見たことのないようなクリエイティブ」を生み出すことを、求められる環境だったそうです。

LLOを立ち上げ後は、オリジナルの表現や技法を追求する一方で、
毎日使っても飽きることのない、上質でベーシックな製品を提案。
ベーシックと、大人のほどよいひねり、その絶妙なバランスが魅力です。

そんな竹川さんがデザインするトートバッグ、どのようなものになるのでしょうか。
どうぞご期待ください!

 
◎LLO(ロー)竹川ゆり子 Chelsea College of Art & Design(イギリス/ロンドン)テキスタイル科卒業後、2000年より(株)イッセイミヤケ HaaT企画室でファッション雑貨の企画デザインを担当。2009年からフリーランスとして活動を開始。2013年にLLO(ロー)を設立。ブランド名は、「ちょっと変わっているね、でもそこに愛着を感じる」という意味、a Little Less Ordinary の頭文字から、LLO(ロー)と名付けられた。毎日身につけたり使ったりするものだからこそ、丁寧に作られた上質なものを。シンプルだけれど、少しひねりのあるものを。そんな思いでモノづくりをしている。http://llo-design.wix.com/llo-design


favori ファヴォリ 新創刊!

日常の小さなときめきや、お気に入りを探す雑誌『favori』です。

kit_set201506

★詳細、ご購入はこちらから→ favori ファヴォリ website

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:
ページ上部へ戻る