【favori】Veriteco製作ストーリー 〜暮らしとともに育むハーブ染め【前編】〜

160921-1
favoriblog

favori 10月号のキット、「ハーブで染める布花アクセサリー」をデザインしたVeriteco(ヴェリテコ)さんに、豊島での生活と魅力について伺いました。

瀬戸内の小さな豊島での暮らしから生まれる美しいアクセサリー

「この島をはじめて訪れたときに、ここに住もうって決めました」

Veritecoのデザイナー、山代真理子さんがご夫妻で瀬戸内海の豊島に移住したのは2015年の秋。「自分で育てた植物で草木染めをしたい」。ずっと思い描いていた夢を実現できたきっかけは、豊島との出会いにありました。人口約900人、オリーブとみかん栽培が盛んな小さな島の暮らしは、自然に寄り添うこととは何かを教えてくれます。

160921-2

自分たちの手で作った作物が食卓に並び、育てた植物で染めた素材で物作りをする毎日。すべてを自給自足で賄うことは難しいけれど、「あっ、今日の食卓、買ったものは調味料だけ」ということも増えてきたのだそう。

160921-4

一見優雅に見えるかもしれませんが、作るからには手間暇がかかるもの。だからこそ、島暮らしは忙しく、作品作りの時間はもっぱら夜と雨の日に集中することに。それでも自然の豊かさに触れ、日々の仕事とともに物作りができる豊島の暮らしは、愛おしいものだといいます。

★ハーブで染める布花アクセサリーの作り方、詳細、ご購入はこちらから→ favori ファヴォリ website


favori [ファヴォリ]

日常の小さなときめきや、お気に入りを探す雑誌『favori』です。

◎キットお届け内容

ハーブで染める布花アクセサリー


◎出来上がりサイズ

フラワーボールのネックレス 長さ約32.5cm、フラワーリースのブローチ 直径約6.5cm(葉は含まず)、小さなフラワーボールのブレスレット 長さ約18cm(アジャスター含まず)

★詳細、ご購入はこちらから→ favori ファヴォリ website

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:
ページ上部へ戻る