上質な素材の手作りをじっくり楽しめるキットと
幅広い手作りが楽しめる本格的な誌面で、大人が楽しむ手作り時間を応援します。

手作り誌と手作りキットをセットにして、ご自宅に直接お届けします。
2冊以上のご購読でOK(自動継続)! まずはお気軽にお試しください。

10月号 | No.09

草木染めは、素材を吟味し水や土地の環境、
加える媒染で色が変わっていく奥の深い手仕事。
今回は、手軽にハーブで染めて、小さな布花から
ロマンチックなアクセサリーに仕立ててみましょう。
染色と布花アクセサリー作り、2つのクラフトを楽しめます。

  • 使用するハーブは、ハイビスカス、ローズマリー、ラベンダー。みょうばんを使って媒染すると、それぞれピンク、クリームイエロー、ミントグリーンに染まります。温かみのあるビロード生地を小さな花の形に切り抜いて花びらを重ね、ひとつひとつを丸くボール状につなげて、ペンダントやブレスレットにします。パールビーズとゴールドカラーの金具で作品にツヤをプラスして、ミルク色の天然石・マザーオブパールでつなげたら、大人sweetなアクセサリーになりました。

    キットでは、リース型ブローチと、ペンダントかブレスレットのどちらかが作れます。金具を足してピアスにしても素敵です。コテを使わずに仕立てる布花の作り方を覚えれば、素材を変えて表情の違うアクセサリーを楽しめます。

  • 小さな花を重ねてリース型ブローチに。やさしい色合いが、幅広く使えそう。

  • 花芯にパールビーズ、チェーンに天然石をつなげて華やかに。

  • ネックレストップは、単色だけで作っても素敵。

天然染料で楽しむ草木染めは、同じ素材でも季節や水、収穫された土地によっても色が変わるデリケートな染め物。だからこそ、同じ色を出すのは難しく、時間の経過とともに色が移り行くのも楽しめます。使う部位によっても色味は違ってくるとか。キットでは、ハイビスカスは花、ローズマリーは葉と茎、ラベンダーは花芽部分を使用します。ハーブが造り出す色の美しい偶然を楽しみに染めてみましょう。

天然石として扱われることの多いマザーオブパールは、実は真珠の母貝である白蝶貝の貝殻で出来ています。正確には石ではありませんが、ニュアンスのある乳白色が人気で、今回の作品にも上質な輝きを添えています。

綿ビロード布…20cm×29cm/綿100%
ハーブ ・ハイビスカス…3g、ローズマリー…4g、ラベンダー…7g
焼みょうばん…17g 、フェルト(オフホワイト)…7cm×14cm
はけ…長さ20㎝×横3㎝、お茶パック…4袋
樹脂パール(白)…直径3mm×23個、直径4mm×19個、直径5mm×6個
マザーオブパール(オフホワイト)…直径5mm×18個他
アクセサリー金具一式(ゴールドカラー)
〈デザイン・製作〉
Veriteco (ヴェリテコ)
「繊細な手仕事で色を描いた大人の女性のためのアクセサリー」をコンセプトに、2007年から活動をスタート。 草木染め、革や布の花、刺繍やレース編みなどさまざまな手法を組み合わせて、アクセサリーを製作している。アトリエショップを運営し、 自店舗での販売とワークショップを中心に活動し、セレクトショップや、百貨店等での販売、 ウエディングアイテムのオーダーメイド製作など精力的に活動していたが、 2015年に東京から香川県の瀬戸内海に浮かぶ豊島「てしま」に移住。 自然と向き合い、自給自足の暮らしをしながら、島の素材を使ってアトリエで制作。 オンラインショップと百貨店イベントなどで作品の購入が可能。
http://veriteco.com/
ハーブで染める布花アクセサリー

ラベンダーやローズマリーなど、天然素材で布を染めるところから作れるアクセサリーです。 淡いトーンの色を幾層にも重ねたその姿は、小さなミルフィーユのよう。 ネックレス、ブレスレット、ブローチなど、作るアイテムはお好みで。 時の流れのなかでゆっくりと移ろう色合いも楽しめます。

小さな手芸道具たち

ピンクッションにニードルホルダー……。手芸時間をともに刻んでくれる手芸道具、せっかくですからお気に入りを手作りしてみませんか?  刺繡、パッチワーク、かぎ針編みなど、手芸の楽しみをぎゅっとつめこんだ愛らしいアイテムをご紹介。 自宅の手芸時間に、レッスン時の持ち運び用に、せっせと働いてくれる頼もしい仲間たちがそろい踏みです。

2つのベスト

袖のない上着、ベストは、秋口にちょっと羽織れる便利なアイテム。 この特集では、カジュアルなキルティングベストとエレガントに着こなせるドレープベストの2タイプを提案。 袖つけの工程がないぶん、作り方のハードルも低めです。 「洋服は作ったことがない」という方も、ソーイングデビュー作としてベストに挑戦してみませんか?

猫刺繡、犬刺繡

絵画を描くように糸を刺し重ねながら、リアルな表情を作り出す動物刺繡。 ロングアンドショートステッチで毛並みの流れを表現するなど、糸ならではの奥深さが味わえます。 愛らしいしぐさが魅力的な猫と、バリエーション豊かな犬種が楽しめる犬。 2種類の動物の様々な表情をご紹介します。

  • お菓子で綴る色あそびのテーブル

    季節に合わせたお菓子と、色であそぶテーブルまわりのコーディネートやラッピングを提案します。

    • 柳瀬久美子 料理家。本格的で美しい料理と
      洋菓子が人気。

  • 日々の彩り

    引田さんが暮らしの中で大切にしてきたこと、年齢を重ねても素敵にワクワクできる毎日を提案します。

    • 引田かおり 東京の吉祥寺にある
      「ギャラリーfève」オーナー

年間購読スペシャル特典
10月号からの「年一括払い」でお申込みいただいた方に、もれなくプレゼント!
本革スエードで作る
ツールケースキット

柔らかな手触りの本革ピッグスエードを使ったツールケースのキットです。飽きのこないブラウンのスエードを表地にし、内布はイエローから赤までのグラデーションが美しい小花プリントの生地を合わせました。着いたらすぐに作れるように、赤のろう引きコード(革用縫い糸)と専用縫い針をご用意していますので、手軽に本格手作り革小物を楽しめます。ツールケースのほかにも、ペンケース、文庫カバーなど多彩な雑貨に仕立てることもできます。

【キット内容】外布:ピッグスエード・ブラウン(19.8×14.8cm、革端切れ4×3cm以上)、内布:プリント生地・花柄(20×15cm)、革用ろう引きコード・赤(300cm)、革用縫い針(1本)、型紙(1部)
【完成サイズ】13×14.7cm(開いたとき)

《お申込み方法》

「10月号からのお申込み」(10月23日締め切り)【年一括払いコース】ボタンよりお申込みください。

購読申込みされた方に、もれなくプレゼント!かぎ針編み基礎BOOK

12月号 | No.10
  • 金糸銀糸に彩られたきらびやかなスパングルにビーズ…。オートクチュールの世界で垣間見る刺繡は、華やかでゴージャスなもの。そんなハイファッションで使われる技法クチュール刺繡を、少しだけ手作りの世界に取り込んでみてみたい…と、監修をお願いしたのが、クチュール刺繡のユニットであるお二人、Lemmikko(レンミッコ)です。

    クチュール刺繡は本来、特別な道具を使用するリュネビル刺繍で製作されることがほとんどですが、「スパンコールの刺し方や素材の使い方で、クチュール刺繍らしさは出せるんです」と、今回は普通の針でさせるデザインを考えてくれました。

    そして、スタイリッシュな二人が選んだのがモノトーンのクラッチバッグ。黒は一見地味に見えて、実は華やかな場所で目を引くおしゃれな色。オートクチュールをよく知り得ている二人ならではの選択です。

  • 千鳥格子のツイード生地に、リボンを合わせると
    カジュアルな印象に。クチュール刺繡が引き立ちます。

  • グログラン側にするとグッとシックになって、
    これからの季節、ちょっとしたパーティーでも持てそうです。

  • 花のように重ねられているのは、チュールレースとシフォン。どちらもフォーマルな印象が強い素材ですが、あえて切りっぱなしでカジュアルダウンしています。

  • 猫の目のようなスパングルは、黒とシルバーでオリジナル。高さを出したり、寝かしたり、さまざまな表情を作ります。

  • 内側は、少し抑えたサーモンピンク。バッグの内側は明るいほうが物が探しやすいという、女性の視点を盛り込みました。

  • 出来上がりサイズは、幅29cm 高さ17cm。大きくし過ぎず、大人が持つのに相応しいサイズを考えました。

  • 花を縦に配してブローチに、ひとつ使いでピアスにアレンジしても。

  • 胸元に華やかさを添えるブローチはちょっとした集まりにぴったり。

ツイード生地(千鳥格子)…幅32cm×20cm
グログラン生地(黒)…幅32cm×56cm、幅26cm×24cm
シフォン生地(黒)…30cm×30cm
チュール生地(黒)…30cm×30cm
タフタ生地(サーモンピンク)…31cm×36cm
ファスナー(黒)…28.5cm
ブランドタグ…9cm幅×20cm
薄手接着芯(白)…32cm×40cm
ビーズ…一式(13種類)
〈デザイン・製作〉
Lemmikko(レンミッコ)
フランスの名門刺繍学校、エコール・ルサージュで学んだ柴田士郎さんと小川明子さんが作った刺繡ユニット。 そのクリエイティブが支持されて、ファッションブランドのコレクション、テレビや舞台の衣装など国内外で幅広く活躍。 そのかたわら本格的なオートクチュール刺繡を、レベルに合わせて学べる教室を開催。 教室の隣には、刺繡素材を扱うショップcolorbucketを併設。 ヨーロッパのヴィンテージやアジアなど、さまざまなビーズやスパングル、コードなどを扱っている。
http://lemmikko.com/
クチュール刺繡のバッグとアクセサリー

ビーズやスパングルをちりばめた華麗なドレスは、オーダーメイド仕立て服の真骨頂。 この号では、そんなオートクチュール感覚の刺繡が登場します。 デザイン・製作は、パリのルサージュで刺繡の伝統技術を学んだレンミッコさん。 専用のかぎ針や難しいテクニックを使わずに、アーティスティックなバッグやアクセサリーが作れます。

寒さに寄り添う冬のアイテム

冬のソーイングは落ち着いた色を選びがちです。 綺麗な色柄や手触りのよい素材を組み合わせることで、使うたびにほんのりと暖かい気持ちになれる気がしませんか?  難易度は高くないけれど、少しだけ手間をかけて愛着のある一品に。 朝出かけるときから夜眠るまで、冬の一日に寄り添う品々を集めました。

優美な編み地のマフラー

初めての編み物としておなじみのマフラー。 敷居は低いのですが、編み地にこだわると実に様々な表情を見せてくれる奥深いアイテムなのです。 細い糸をゆるやかに、軽やかに編んだかぎ針編みの上品なマフラーは、favori世代にこそ似合います。 美しい透かし模様と愛らしいフリルやスカラップで、冬の装いに華やぎを添えてみませんか?

麗しのリース

途切れることのない輪が、永遠や平和を象徴するとも言われているリース。 室内で過ごす時間が増える冬に、家族や友人など大切な人の幸せを願いながら、リース作りを楽しんではいかがでしょうか。 生花が限られる寒い季節、ドライになった木の実や雑穀をアレンジして、クラフト感覚で作れるリースを提案します。

  • お菓子で綴る色あそびのテーブル

    季節に合わせたお菓子と、色であそぶテーブルまわりのコーディネートやラッピングを提案します。

    • 柳瀬久美子 料理家。本格的で美しい料理と
      洋菓子が人気。

  • 日々の彩り

    引田さんが暮らしの中で大切にしてきたこと、年齢を重ねても素敵にワクワクできる毎日を提案します。

    • 引田かおり 東京の吉祥寺にある
      「ギャラリーfève」オーナー

※こちらのサイトでご紹介している商品のデザイン、サイズ等、仕様は変更することがございます。ご了承ください。

ご購読方法

年6回の定期購読です | ご購読コース<税込・送料無料>

■ 刊行サイクル:隔月刊(奇数月10日)発行
■ 判型:A4変型判(68P) ■ 発行:芸文社

◎2冊以上からの自動継続でご購読できます。まずはお気軽にお試しください。
◎書店ではお買い求めになれません。

商品のお届けについて

直接ご自宅にお届けします。 在庫数に達した場合は、お知らせしているお申込み締切日より前に
締め切らせていただくことがありますので、お早めにお申込ください。

《お届け予定日について》

◎地域により、お届け日が前後する場合がありますが、ご了承ください。
◎国内発送のみお受けしています。
◎2冊以上からの自動継続でのご購読となります。1号のみ、本のみ、キットのみの販売はしておりません。

〈返品について〉 お客様のご都合による返本・返品はお受けできません。お届けした商品に乱落丁・不良・不調がある場合にはご連絡ください。
送料弊社負担にて、良品とお取り換えいたします。

自動継続システムについて

『favori(ファヴォリ)』は、おとりやめのご連絡をいただくまでは続けて商品をお届けします。
おとりやめの場合は、お届け予定日の前月15日までにご連絡ください。
「解約(おとりやめ)について」はこちらをご覧ください。

お支払い方法

クレジットカード、郵便局またはコンビニエンスストアでの振込からお選びください。

〈クレジットカード払い〉 ◎クレジットカード払いの場合は、インターネットからお申込みください。
◎ご利用いただけるのは、JCB・VISA・MasterCard・AMEX・Diners です。
◎ボーナス払い、分割払い、リボ払いはご利用いただけません。

〈振込払い〉 ◎郵便局またはコンビニエンスストアでの振込をお選びの場合は、商品と同送の振込用紙で商品到着後1 週間以内にお支払いください。
なお、手数料はお客様負担とさせていただきます(振込手数料はお支払い方法によって異なります)。

お申込みはこちらから!

インターネット いずれかご希望のご購読開始月をお選びください。
10月号からのお申込み
年一括払いコース 毎号払いコース
年一括払いコース 毎号払いコース

ご注文時、内容確認の自動返信メールが届きますが、商品のお届け日の記載がございません。
商品お届け日については、上記の《お届け予定日について》をご確認ください。


電話 ご希望のご購読開始月をお申し出ください。

芸文社 お客様センター
受付時間:10 時~17 時(土・日・祝・年末年始を除く)

0120-944-834 0120-944-834

◎お支払い方法は振込になります。
◎携帯電話・PHS・一部のIP 電話からはつながりません。 050-3816-5091 050-3816-5091 へおかけください(有料)。